2009年12月31日

公取委も“特例”お墨付き 藩政時代から続く仙台初売り

仙台商人の心意気を示す「豪華景品」で知られる仙台初売り。大型店を中心に元日通常営業が一般化する中、「年始事始めの吉日は2日」の開催を忠実に守り、藩政時代から続く伝統を誇る。

 福袋の目玉は「茶箱」。湿気に強く着物や乾物などの保管に重宝されてきた歴史があり、大きな茶箱の福袋を買い求めようと老舗の茶屋の前には大晦日から長蛇の列ができ、仙台の年末年始の風物詩ともなっている。

 一般の店舗でも「5000円の福袋に○万円相当の商品」などと豪華さを競い合いにぎやかなのだが、「不当廉売では?」との指摘もありそう。

 これについて公正取引委員会は、旧仙台藩地域に限り期間などに一定の制限を設け、特例として認めている“お墨付き”の行事なのだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000523-san-l04
************************************************************
宮城県の人は、良いですね。そんなにお得な福袋があったら私も買いに並びたいものです。


最近大学や専門学校尾卒業式で男性も袴を着る人が増えています。男物袴をレンタルするなら日本一の品揃えのある
男袴ドットコムをご利用ください
卒業式に袴をレンタルするが定番となっている女袴については、豊富な品揃えの
女袴ドットコムをご利用ください。
posted by sendai2008 at 20:16| 仙台市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。